フォルクスワーゲンゴルフ査定

査定に影響を与えることとは

フォルクスワーゲンゴルフ,査定,買取,相場,高額,売却

 

査定に影響を与えること

 

フォルクスワーゲンゴルフを手放した時、走行距離はおよそ5,500キロほどでした。
私は2年ほど週末のドライブなどで使っていましたが、さほど走行距離は多くありませんでした。

 

 

 

実はフォルクスワーゲンゴルフを査定してもらった際、
業者に評価されたポイントが走行距離と年式です。

 

 

 

当然グレードも評価対象にはなっているのですが、
私の場合は年式の割に走行距離が少なく、業者も査定時にプラス評価をしてくれました。

 

年式や走行距離は査定に影響する

 

年式や走行距離は、フォルクスワーゲンゴルフの査定に大きな影響を与えます。
基本的には年式が新しく、なおかつ走行距離が少ないほど買取価格もアップします。
購入者の立場になれば、当然走行距離が少ない車のほうが良いでしょう。

 

 

 

中古車は2〜3年で故障するケースも後を絶ちませんが、
年式が新しければ故障する確率も低くなります。

 

 

 

もちろん買取業者にとっても高く売れる見込みがあるため、
年式が新しく走行距離の少ない車は高額査定になりやすいのです。

 

フォルクスワーゲンゴルフ,査定,買取,相場,高額,売却

 

逆に言えば、年式が古く走行距離がかさむほど買取価格はダウンします。
ただ売却のタイミングを待っているだけでは、買取価格も下落する一方です。

 

 

 

そのため、フォルクスワーゲンゴルフを売るのであれば、
売却を決めた時点でなるべく早めに手放してしまったほうが良いと言えます。
2年前の車と5年前の車では、当然前者のほうが高く売れます。

 

 

 

走行距離も少ないほど高額になります。
ォルクスワーゲンゴルフの売却で悩んでいる方は早めに査定してもらいましょう。

 

 

 

>>> 訪問査定でチェックされる箇所とは